よくわからない消費者金融

消費者金融について正しく内容を把握していない方は、お金を借りるということに縁のない人なら多いと思います。元々明確な差のないキャッシングとカードローンというものの違いはともかくとして、銀行とそれ以外という区別では、いざお金に困ってしまったときにリスクの多い方法をあえてとってしまう可能性もあるので、そんな方もあらかじめ知識を持っておくことを推奨したいですね。

 

一般的に消費者金融には、サラ金や街金、闇金といった呼び方が存在します。全部同じものを指しているのではないかと思うかもしれませんが、分けて呼ばれるだけの違いはあるので注意してください。消費者金融の中にも、借り入れのリスクが低いところと、リスクが特別高いものがあります。

 

この中でサラリーマン金融、通称サラ金はかつて呼ばれていた名称になります。今は普通にキャッシング会社やカードローン会社と呼ばれることが多く、CMで名前を聞くような大手の消費者金融が該当します。それに対して小さな規模で展開している消費者金融のことを、街金と呼ぶ傾向にあります。

 

闇金はそれらのどれとも違う、法から外れたところでお金を貸しているところです。金利設定は守らず、返済となれば手段は選ばない、お金を借りるという上で一番警戒しなければならないのはこの闇金なのです。

 

もし闇金から借りてしまった方も、家族に知られずに解決が出来る方法があります。詳しくは家族にばれない闇金対策でご確認ください。