債務整理はまずは相談から始める

借金の返済に追われる毎日から抜け出したいのであれば、債務整理を考えてみるのも良いです。弁護士や司法書士に依頼をして債務整理の手続きを進めるのであれば、多くの消費者金融や銀行、クレジットカードのキャッシングも片付けられるようになります。

 

 

とは言え、自己破産ではなければ今後の支払いは免除されるわけではありません。債務整理をしたからといって借金が帳消しにはなりませんので、多くの方が適用される任意整理であれば、今後の3年間程度で完済をするような支払い計画で払っていくことになります。

 

債務整理には様々な手続き方法がありますので、以下の体験談なども参考にしながら、詳しくは債務整理を依頼する法律事務所で聞いてみる、無料相談を利用すると良いでしょう。

 

債務整理のおかげで借金返済できた経験談

私は現在30代の男性です。大学を卒業してから、会社員として働いていたのですが、リーマンショックの時にリストラになりました。再就職活動をしている時に、気晴らしに始めたパチンコにはまってしまいました。

 

それから、仕事は見つかったのですが、パチンコの癖がぬけず、結局キャッシングで借金をしながら遊ぶことが続きました。

 

気づいたら、複数のキャッシング会社から借金を繰り返してしまい、返済しても毎月の金利分にしかならないという状況になりました。このままでは自己破産になってしまうと思い、自治体でやっている相談窓口へ行き、そこで弁護士を紹介され、債務整理を行うことになりました。

 

まだ、仕事もしていましたので、弁護士の先生と相談したところ、任意整理を行うことになりました。実際には弁護士さんが交渉してくれたので、こちらとしては非常に便利でした。おかげで、金利を下げてもらい、毎月の負担を減らすことができました。今でも毎月返済をがんばっています。

 

任意整理は借金の減額が期待出来る

任意整理による手続きは手軽な債務整理として利用者も多く、今後の返済に関しても利息が発生しなくなるので支払いが楽になります。払いすぎた利息があれば過払い金としての請求も出来ますので、借金の減額が期待出来るのです。

 

ただ、任意整理にもいくつかのデメリットもありますので、相談をする前に自身でも知識を蓄えておくために、任意整理デメリットは知っておくと良いでしょう。

 

多重債務で厳しい状態を解決できた

私は幾つかの会社からお金を借りており、最初は簡単に返済できると思っていました。しかし実際には返済することが困難になるくらい、借入を繰り返していたのです。返済しようにも残っているお金は殆ど無い状態で、定期預金を利用しても返済は難しいくらいでした。そのため覚悟を決めた上で、債務整理という方法を行ったのです。

 

最初はいきなり自己破産をした方がいいと言われるような気がしたので、怖いという気持ちすらありました。しかし弁護士の方と話をしているうちに、別の方法が存在することを知りました。個人再生を利用しても良いですし、利息を軽減して支払う能力があれば、任意整理でも構わないという形で、親身になって話を聞いてくれました。

 

利用するとしばらく借りられないという話でしたが、債務整理を行ったことで大きな減額に成功し、何とか返済を終えることが出来ました。自己破産しか無いと思っていたのに、他の方法があるなんて思いませんでした。本当に感謝しています。

 

分からないことは相談が出来る

債務整理は何度も行う手続きではないため、多くの方が分からないことも多いものです。分からないまま進めても良い結果に繋がらない可能性がありますので、疑問に思う点、不安に感じる点は依頼をする前にしっかりと確認をしましょう。

 

多くの法律事務所では相談は何度でも無料としているので、まずは話を聞き、債務整理にかかる料金等もよく確認をしてください。話を聞いたうえで納得が出来るのであれば、債務整理の依頼をすれば良いのです。

 

多くの方が抱えるパチンコの借金が払えないといった状態でも問題ありませんので、まずは無料相談です。